川崎沖縄県人会さんとのつながりから

こんにちは!ブログ投稿、まずは、昔話からいきたいと思います(‘◇’)ゞ

川崎に住み始めた与論人。

たまたま、近くに沖縄居酒屋がありました。それも、川崎沖縄県人会館の1Fです。それはもう入り浸りました。近所で島をかんじられるところがそこだったし、そこのママさんがすごいいい方で、いろいろと話をきいてくれたり、人を紹介してくださったり。

そこで、「三線を習いたい」ということを伝えると、紹介していただいたのがよくその居酒屋で飲んでいた「金城先生」でした。とてもいい先生で、三線のことやエイサーの事を話すといつも応援してくださいました。それからも沖縄繋がりの方々も増えていき、「エイサー団体を作りたい」というと、応援してくださり。

川崎でエイサー活動のきっかけに

そんなこんなで活動をはじめていくのですが、イベントは最初は年に数回、メンバーも10人もいないので、地道に川崎大師公園や、川崎沖縄県人会館で場所をかりて練習をおこなっていました。県人会館での新年会や敬老会での演舞の機会をくださったり、三線のえらーーい先生の祝賀会などにも声をかけて頂いたり。メディアへの出演も川崎沖縄県人会館の方からの紹介でした。イッツ365というケーブルテレビ番組、FMよこはま、TV神奈川なども。これがきっかで、川崎や横浜近辺から演舞依頼が増えることとなりました。感謝っす( ;∀;)川崎のとある高校での指導のお話も頂いて、当時の高校生は今は与論に住んでいたりと。ほんとに縁はどこに転がっているかわかりませんね。大太鼓が1台しかなかった当時、「大太鼓かいなー」と買ってくださったのも、沖縄県人会の方でした( ;∀;)

そして、来週末は川崎大師公園でエイサー練習→花見だよ!

とうことで、来週は与論から川崎へいきまーす!晴れることを祈るのみ。

関東のリーダーになったこう様。写真左

川崎でのエイサー演舞では特に気合が入ったなぁ~!自分はここ数年川崎での演舞はでれていませんが、機会をつくっていきたいと思います。川崎に住んでるメンバーもいるし、川崎のエイサー団体として舞弦鼓が最初に思い浮かべられたらいいなぁと思います。 また、ざっくりとした説明としては、エイサー+与論民謡=舞弦鼓 と思ってもらえればいいかと思います。入口はひとそれぞれ、エイサーから入った人、演舞を見て入った人、与論つながりから入ったひと、いろんな人がいろんな理由で楽しんでいければいいなと思います。

川崎の沖縄系イベント
2018年 ハイサイフェスタでの演舞の様子です。

次回は、東大阪石切の紹介をしたいと思います。与論もそのうち!

関東・与論、メンバー募集してますので、気なる方はご連絡ください。インスタ―、Facebookもありまーす。舞弦鼓で検索してみてねっ♪

↓川崎沖縄県人会HP

https://www.kawasaki-okinawakenjinkai.net/